虫歯治療は詰めたあとにより気をつけなければいけない。

虫歯を治療する時に多くの人は詰め物になることが多いでしょうか。
よほど深くまで到達していなければ、虫歯で抜歯されることも少ないようです。
もちろん虫歯になっている側としても、抜かれるよりは削られるだけのほうが、怖さもありません。

しかし、詰め物とて結構な力で押し付けられるので、痛い感じがあると思います。
まあ痛く思うだけであって、虫歯による抜歯とで比較すれば全然警戒する必要はないでしょう。
削って詰めるだけなので、麻酔いらずだし後で痛み止めがいるようになることもありません。

ただ、詰め物が虫歯治療の完治段階ではないということだけは言い切れるでしょうか。
詰め物をした後にまた虫歯を治すようになる、というのがあるのも自然なことなんだそうです。
詰めた後は虫歯も見つかりにくいから、治すのにも時間がかかるようになることだってあるかもしれませんね。

虫歯を詰めた歯こそ念入りに歯磨きしておかなければならないともいえるのではないでしょうか。
特に奥歯は1回といわず、2回3回もの虫歯治療のターゲットになりやすい歯だと思います。
私もほとんどが奥歯の虫歯で、子どもの頃に詰めてから大人でも詰めなおすことがあったほどです。